*

自然住宅情報ひろば

HOMEPROFILECOLUMNEVENTLINKCONTACT
設立主旨
活動案内
建材の展示・紹介
シックハウスとは
コラム
図書館
勉強会・見学会
ワークショップ
京の山杣人工房
里山保全管理活動
まきクラブ
造り手紹介
会員募集
連絡先
リンク

まきクラブ

自然エネルギー普及ファンドづくりの取組みでバイオマスエネルギーとして薪の利用を進める為に町と山をつなぐ、まきクラブ(仮称)を作ることになりました。

薪を必要としている町の人が、山の整備のお手伝いをして薪を分けていただく。
木のフォーラムで来て頂いた、グリーンウッドワークの活動ともからめて進める事ができたら楽しいのではないかと夢は膨らんでいます。

                  

活動記録

平成25年度活動記録
活動月:2月・3月・4月・5月・6月・11月(計6回)
初年度の薪が使えるようになりました。
昨年は立木から切り出してまきにしていましたが、今年度は事前に立木を切ってくださっていたので効率よく大量の薪をつくることが出来ています。
宇治田原町でも薪を欲しい方が見つかり、今後広がりそうです。


   

平成24年度活動記録
活動月:4月・5月・6月・7月・8月・9月・12月(計7回)

   

平成24年12月
朝の冷え込みが激しい宇治田原でした。2ヶ月間開けての活動となり、まだ周りの山には松茸シーズン中の「立入禁止」の貼り紙やロープが残っていました。
山の上の林道沿いに置かれた薪置場のところまで登ると、ようやく体が温まり始め、2班に分かれて作業開始。参加者は初めて、数回目、ほとんど毎回参加といろいろでしたが皆少しずつ要領を得て手際良くなってきたようです。今日も沢山の薪ができました。
早めに切り上げて、今ちょっと話題の「ロケットストーブ」の見学をしました。
ロケットストーブを使っている方を訪ね、火をつけるところから見せていただきながらお話を伺いました。この秋初めて作られたとのこと、実際に自分で組み立てて作り、使ってみたところで改良点などいろいろ出てくるようです。実際のお話を聞くのはおもしろいし貴重ですね。思いのほか簡単に作れそうですよ。

   

平成24年7月
薪のご商売をされている方に講師として来て頂きました。

 

なかなか沢山の薪が積みあがりました。

   

平成24年6月
チェーンソーのめたての指導を受けました

薪を積んでゆきます

    

平成24年5月
プロにお願いしチェーンソーの講習をして頂きました。

チェーンソーの目立ての方法も習いとても良く切れるようになりました。

   

印をつけた定規を使って長さをそろえて切って行きます。

   

平成24年4月
実際に山に入って切ってみました。