*

自然住宅情報ひろば

HOMEPROFILECOLUMNEVENTLINKCONTACT
設立主旨
建材の展示・紹介
シックハウスとは
コラム
図書館
勉強会・見学会
ワークショップ
京の山杣人工房
里山保全管理活動
まきクラブ
造り手紹介
会員募集
連絡先
リンク

全京都建設協同組合連載コラム

   
  1. 『自然住宅とは』(長寿命を目指す)
日本の建築物は他の先進国と比べて極端に寿命が短く、(アメリカ44年、イギリス75年、日本26年)産業廃棄物4億1200万トン(H15年度総排出量)の内、建築業約7501万トン(18.2%)を占めています。H14年度より1,800万トン増加しています。そのうえ不法投棄の件数では、71.2%量では86.2%が建設系廃棄物が占めています(H16年データ)。環境負荷を少なくする上でも長寿命を目指す必要があります。二酸化炭素を固定している木材を使うと同時にその木が育った年数(70−80年)は使用し続けなくては循環とは言えません。住宅を長く使い続ける為には耐用年数の長い材料を使うのはもちろんですが補修や修繕がしやすい工法であることが必要です。さらに、家族のライフサイクルに合わせて間取り等変更が可能な構造計画でなければ長く使い続けることはできません。長く使えば使うほど味の出る本物の家が自然住宅だと思います。
  1. 『自然住宅とは』(温暖化とエネルギー)
議定書で、温室効果ガスの削減目標を取り決めました。対象となる温室効果ガスは、@二酸化炭素 Aメタン B亜酸化窒素 CHFC(代替フロン)DPFC(代替フロン)ESF6上記を削減する為には、省エネや非化石エネルギー技術の開発、普及が必要です。非化石エネルギーは、循環型エネルギーとも呼ばれ、代表的なものが太陽です。光を利用して電気を作るのがソーラーパネル、熱を利用するのが太陽熱温水器や集熱器です。どちらも使ったからといってなくなる物ではありません。同じように循環するエネルギー源として風、小水力、地熱があります。バイオマスエネルギーとして適確に管理された森林資源は循環型エネルギーに含まれます。
未来の住宅として自然住宅を考える時には、循環型エネルギーを考慮する必要があると思われます。
   
  1. 『自然住宅とは』
全京都建設協同組合とは建築に関わる環境保全のための活動を共に行ってまいりました。会報に掲載させていただけることを光栄に思います。
さて、地球温暖化やオゾン層破壊等々、昨今、地球規模の環境問題が取りざたされています。建築に携わる私達も、アスベストの問題や、シックハウスなど、環境に配慮をする事を積極的に行わなくてはいけなくなって来ました。具体的な方法論として、環境に出来るだけ負荷をかけない『自然住宅』の考え方が参考になるかと思われます。今後毎月、自然住宅とはどのようなものをお伝えし、日々のお仕事にも役立つ情報を提供できるよう構成を考えています。
『環境に負荷をかけない』とは、まず、その物の製造から使用時、廃棄時全てにおいて、負荷が少ないことが要求されます。CO2排出量をコンクリートと鉄骨、木造とで比較すると、コンクリート407s/?、鉄骨513s/?、木造266s/?となり、木造が環境負荷の少ない構造物である事が分かります。この考え方をLCA(ライフサイクル評価)と呼び、その物の価格のみで商品を選ぶのではなく、LCA的に見る事で環境に配慮した商品はどれかを選ぶ事が出来ます。
今まだ小さな動きではありますが、グリーンコーシューマー(環境を大切にした買物をする消費者)というのがあります。全国ネットワークも結成され、ガイドブックも出版されました。今後、住宅(建築)もこのような視点で選ばれる時代が来ると思われます。